物件管理とは?

身近な例で説明すると、例えば物件備え付けのエアコンが故障してしまった場合、民法606条1項に基づき、賃借人はiStock 000023806766XLarge 1 300x169 - 物件管理賃貸人に対して修繕を請求することができます。この場合、賃貸人であるオーナーに直接連絡するのではなく、管理会社に連絡をし、修理業者を手配してもらわねばなりません。しかし、管理会社の連絡がずさんである場合も少なくなく、<a href=”https://www.hatena.ne.jp/o/search/top?q=%E3%82%A8%E3%82%A2%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%80%80%E6%95%85%E9%9A%9C”>エアコンの故障</a>がいつまでたっても修繕されないといったこともあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です