このページでは、物件の種類についてもう少し詳細に説明を加えたいと思います。

物件の種類について(詳細)Copy of Exhibit A  We Need Access to SFIs Now 700x466 1 300x200 - 物件の種類について

昨今、賃貸住宅の需要は年々減少していますが、賃借人からの多様なニーズに応えるため、賃貸物件の専門化多様化が進んでいます。

例えば、Youtuberが賃貸物件でゲーム実況を楽しんでいたところ、近隣からのクレームにより退去を余儀なくされた事件や、楽器演奏者が同様のクレームを受けたような事件はあとを絶ちません。そこで、防音室に加え、防音窓が完備された物件も登場しています。こうした物件は、一般の物件に比べて賃料や敷金などが高額に設定されている点も注意を要します。

また、以前住んでいた賃借人が自ら命を絶ってしまったような物件は、他の部屋と比べて3〜5割ほど賃料等が値引かれていることもあるようです。もちろん、嫌な人が少なくないでしょうから、違和感を感じたときは物件仲介業者に説明を求めましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です