賃貸業者と物件の種類

不動産会社が行う業務は、大きく分けると不動産取引業と不動産賃貸業、不動産管理業の3つがあります。この中でも、もっとも大きく賃借人と関わってくるのは、物件を探したり借りる際にお世話になることとなる不動産賃貸業と、借りたあとの日頃の管理を行ってくれる不動産管理業の2つです。

apartment block iStock 1130686265 1024x683 - 賃貸業者と物件の種類

物件の種類

物件の種類は様々ありますが、主に単身者用アパートと2人以上の入居が可能な物件に分けられます。また、ペット可の物件とペット不可の物件にも分けられます。

賃貸の際の注意点

賃貸の際に交わす賃貸借契約書に記載されてある仲介手数料や原状回復費について、法律で規制されているよりも多くの金額を請求する業者もいますので、事前にweb等で確認の上契約を結んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です